【戸隠の電子水】メーカー直送☆特別価格キャンペーン実施中☆クリック

スポーツ活動の10分前に動的ストレッチを行うのが有効

NO IMAGE

静的および動的ストレッチング後に生じる 足関節可動域と筋力の経時的変化
土井 眞里亜, 浦辺 幸夫, 山中 悠紀, 野村 真嗣, 神谷 奈津美

〔目的〕本研究の目的は,静的ストレッチング(static stretching;SS)と動的ストレッチング(dynamic stretching;DS)後の関節可動域や筋出力に関して経時的変化を比較し,よりスポーツ活動前に適したストレッチング方法を明らかにすることとし た。
〔対象〕健康な成人女性18名とした。
〔方法〕下腿三頭筋に対しSSおよびDSを行い,ストレッチング直前,直後,5分後,10分後に足関節背屈可動域と底屈筋力を測定した。

〔結果〕関節可動域については,SSでは直後に上昇し10分間維持したのに対し,DS後は徐々に上昇し10分後にSS後と同程度に達した。

筋力については,直後から10分後までSSよりもDSのほうが有意に高い値を示した。

〔結語〕最大筋力を必要とするスポーツ活動の10分前にDSを行うことでより高いパフォーマンスを行うことができる可能性が示唆された。

出典:

https://www.jstage.jst.go.jp/article/rika/25/5/25_5_785/_article/-char/ja/

 

Translate »