【戸隠の電子水】メーカー直送☆特別価格キャンペーン実施中☆クリック

尿路結石とは、尿路結石の予防

尿路結石とは、尿路結石の予防

知り合いが尿路結石とこのとで調べました。

顕微鏡写真での尿路結石は、いかにも痛そうな形です。

結石の成分はさまざまのようです。

シュウ酸塩
尿酸塩
リン酸塩
ケイ酸塩(シリカ結石)
カルシウム
シスチン

そして結石はメタボリックシンドロームの病態のひとつとのこと。

予防には

・水分を十分とる

・ビールは少なめに

・肥満予防

など。

野菜、果物についてはシュウ酸の過剰摂取にならないようにとのことですが、これはなかなかむずかしいですね。

野菜不足だと糖尿病になるし、とりすぎたら結石になるということで、

なにごともバランスということですね。

 

以下Wikipediaより

尿路結石(にょうろけっせき、英語: kidney stone disease, urolithiasis, urinary calculi)は、尿路系に沈着する結晶の石である結石のこと。もしくは、その石が詰まってしまうことにより起きる症状のこと。しばしば激痛を伴う。

様々な要因は明確にはなっていないが、発症は動脈硬化と類似し、メタボリックシンドロームの病態のひとつだと考えられるようになってきており予防法に共通点も多い[1]。体外衝撃波結石破砕術の登場により尿路結石の治療は変化し[1]、患者の負担は少なくなった。しかし、再発予防は重要で、水分を多くとる、肥満防止、食生活改善が基本である[1]。脂肪、動物性たんぱく質、茶、紅茶、アルコールを特にビールを減らし、ホウレンソウなどシュウ酸の豊富な野菜に気を付け、カルシウムは多すぎも少なすぎもせずといったことである。


日本で全国規模の調査が行われたことがあり、その結果が1995年に発表されたが、それによると日本人の男性約11人に1人、女性26人に1人[5]が一生に一度は尿路結石に悩まされる、とされた。男性の発症率は女性の発症率の2倍といわれている。

尿路結石の要因のひとつが食の欧米化だとされており、生活習慣病に分類される。尿路結石が起きる人は、やがて動脈硬化などの生活習慣病にもかかってゆく傾向がある。また、糖尿病患者の約20%には、尿路結石の合併が見られるとする研究がある[7]。


2013年の尿路結石の診療ガイドラインは尿路結石の再発予防の基本を以下3点としている[1]

  • 水分を多くとる 尿量が増加し結石の成分を問わない[1]
  • 肥満防止
  • 食生活改善

水分では、2000ミリリットル以上で低下する[15]。プリン体を含むアルコール、特にビールを控えることが重要である[1]。茶、紅茶もシュウ酸を含むが、緑茶でもほうじ茶は最も少量である[16]

  • 動物性蛋白質、脂肪の過剰摂取は避ける。

動物性たんぱく質と食塩は、尿中にカルシウムを排出させるため、制限することの効果は、従来のカルシウム制限より勝ると考えられる[17]。脂肪分は、カルシウムがシュウ酸の吸収を影響を邪魔するという良い反応を邪魔する[16]

野菜は難しいところである。シュウ酸の多量摂取はよくなく、ゆでることで水に溶出する性質があり、葉菜類のキャベツやレタス、サツマイモやナス、特にホウレンソウに含まれ、シュウ酸の吸収をカルシウムが減らす[16]。一定量のカルシウムは必要である[1]クエン酸は尿をアルカリ性のほうへ傾け結石を溶けやすくさせるが、クエン酸を多く含む野菜や果物を増やすことは、同時に結石形成を促進するシュウ酸の摂取過剰となってしまう可能性がある[18]。また、野菜や果物はカリウムを含み塩分(ナトリウム)の排出を促す効果があるため判断の難しいところである。シュウ酸はほかにチョコレート、たけのこなど。

カルシウムを適度に摂取する(サプリメント等でも用法・容量を守り、決して過剰摂取しない)。ビタミンCも代謝産物はシュウ酸であり、月余に渡る過剰摂取は結石のリスクを高める(と一般に言われているが、ガリー・カーハン博士らの論文ではビタミンCの低摂取/高摂取による結石リスクの有意差は見られなかったこともあり、現在では間違いとされる[19][20])。ビタミンCはカルシウムと結合するためその遊離型は少なくなる傾向がある。これは、カルシウムが、シュウ酸カルシウム(結石)として分離する可能性が少なくなるということである。また、ビタミンCの利尿作用により、シュウ酸塩の尿中濃度が低くなる。このように、ビタミンCはシュウ酸塩を増やすが、カルシウムとシュウ酸塩の結合を阻止するのである。

  • 炭水化物穀物を主として摂取し、尿中に排泄されるカルシウムの量を減らすため砂糖の過剰摂取は控える[18]

Translate »