大量のアルコールは高血圧、糖尿病、免疫低下などのリスクあり

大量のアルコールは高血圧、糖尿病、免疫低下などのリスクあり

コルチゾールはホルモンの一種で、過剰になると高血圧、糖尿病、免疫低下などの原因になります。

コルチゾールは日中、昼間に増加し、夜間は減少しますが、アルコールを大量に摂取するとこのサイクルがくずれるようです。

The Journal of Clinical Endocrinology & Metabolism

The Relationship between Alcohol Consumption and Cortisol Secretion in an Aging Cohort

https://academic.oup.com/jcem/article/93/3/750/2598270

によると

男性では、コルチゾールと 1 週間あたりのアルコール摂取量との間に正の関連がありました (消費されたアルコール 1 単位あたりのコルチゾールの 3% 増加; P = 0.010)。

大量飲酒者の 1 日のコルチゾール低下の傾きは減少し (大量飲酒者 β = -0.155、中程度飲酒者 β = -0.151)、大量飲酒者の HPA 軸の制御が低下していることを示しています。

女性では、コルチゾール覚醒反応は、中程度の飲酒者 8.69 nmol/リットル (7.72–9.67) と比較して、大量飲酒者では 14.15 nmol/リットル (9.12–19.17) であった (P = 0.037 )

結論:

この研究は、アルコール摂取が HPA 軸の活性化と関連していることを示唆しています。

これらの結果は、その日のアルコール摂取によるものではなく、大量飲酒グループにおける HPA 軸の慢性的な変化を示唆しています

 

夜間に減少しなくなるとコルチゾールが過多傾向になり肥満、糖尿、免疫低下の可能性があります。

 

 

コルチゾールの分泌曲線

ファイル:Change in plasma cortisol cycle over 24 hours.jpg

コルチゾール

コルチゾール(Cortisol)は、副腎皮質ホルモンである糖質コルチコイドの一種。

炭水化物、脂肪、およびタンパク代謝を制御し、生体にとって必須のホルモンである。3種の糖質コルチコイドの中で最も生体内量が多く、糖質コルチコイド活性の約95%はこれによる。ストレスによっても分泌が亢進される。

分泌される量によっては、血圧や血糖レベルを高め、免疫機能の低下や不妊をもたらす。 

コルチゾールは胃酸分泌を活性化させる。

朝6時ごろから分泌が増加し、10時頃ピークになり夕方にかけて減少するる。

持続的なストレスによってコルチゾールが高い状態になることがある。

その場合、体の制御ネットワークにさまざまな物理的不調をもたらす可能性がある。

コルチゾールレベルの増加要因

    ストレス

    睡眠不足

    共感

    カフェイン(お茶やコーヒーなどに含まれる)

    甘草(偽性アルドステロン症。甘草の含まれている漢方薬など)

コルチゾールレベルの減少要因

    ホスファチジルセリン(大豆レシチンに含まれる)

    厚朴エキスと黄柏エキスの組み合わせ

    トンカットアリ

コルチゾール高値

コルチゾール高値では、クッシング病、クッシング症候群、グルココルチコイド不応症、異所性ACTH産生腫瘍、異所性CRH産生腫瘍、糖質コルチコイド不応症などが疑われる。 

コルチゾール低値

コルチゾール低値では、アジソン病、先天性副腎低形成症(IMAge症候群、ACTH不応症、Triple A症候群(Allgrove症候群))、先天性副腎皮質過形成症、副腎性ACTH単独欠損症、シーハン症候群、ACTH非産生性の下垂体腫瘍、下垂体性副腎皮質機能低下症、視床下部性副腎皮質機能低下症などが疑われる。

Wikipediaより

水を飲むだけで免疫力を改善することができれば簡単だと思いませんか?

それを可能にしたのが電子水です。

 

酸化ストレスを低減 電子水 サイクルイオン

酸化ストレスは万病の元

 

酸化ストレスを減らすことが健康のキーポイント

酸化ストレスを軽減 立証 世界初 臨床試験

 

 

お問い合わせは

↓こちら↓

 

お買い求めは

↓こちら↓

 

無料講座はこちら↓↓

ひた隠しにされてきた電子の秘密を明かす無料メール講座{全6回}

Translate »