電子水

お客様の声「元気のないネコちゃんが、この水を飲んで元気になってきました」2022年7月

お客様の声です 「元気がなかったネコちゃんが、この水を飲むようになってから元気になってきました」 ネコちゃんは腎臓のトラブルになりやすいのですが この「戸隠の湧水・特別品」は電子を増量することで腎臓病(CKD chronic kidney disease)のネコの酸化ストレスを低減し抗酸化能をアップさせることが報告されています。 「戸隠の湧水・特別品」は「戸隠の湧水」に電子を増量強化したものです。 […]

帯状疱疹も免疫力の低下が原因、対策

人体の免疫力は素晴らしいものですが、酸化ストレスなどによって免疫力が下がるとさまざまな病気にかかりやすくなります。 帯状疱疹も免疫力の低下が原因といわれています。 https://taijouhoushin-yobou.jp/より抜粋しますと 帯状疱疹は免疫力の低下が原因で発症します。帯状疱疹にならないためには、食事のバランスに気をつける、睡眠をきちんととるなど、日頃から体調管理を心がけることが大 […]

サイクルイオン、お客様の声【動画集】

電子水装置サイクルイオンを取付けたお客様に訪問インタビュー!「新野様編」 電子の力で、「免疫力を上げる」ことや、「感染防止」が起こります。有限会社 新野 新野社長インビュー       ひた隠しにされてきた電子の秘密を明かす無料講座{全6回}   高純度電子水装置サイクルイオンからできる電子の力を得た電子水と、水道水との違いを比較したテスト動画です。 高純度 […]

サイクルイオンが健康をサポートします(高純度 電子水 製造装置)

サイクルイオンは19年間の研究の結果生まれました。 電子を人の体に供給する最適な方法・・・・このテーマに取り組んでから、19年間様々な角度から研究を重ねた結果、意外にも「自然界は、穏やかに 休みなく動いており、この静かな働きこそ、最も強力なものである。」事を発見しました。 大自然の法則には、驚嘆するばかりですが、地球は、この電子をふんだんに私達に与えようと働いてくれています。 しかし、環境悪化から […]

~細胞のエネルギー源~ATPの合成~電子伝達系~電子水

  人体の細胞は、糖・たんぱく質・脂質という三大栄養素を分解して、生命活動のためのエネルギーを調達する。 酸素を使わずに分解しても、ある程度のエネルギーを生成するが、酸素を使って燃焼(細胞内呼吸)させると、大量のエネルギーを効率的に生み出すことができる。 効率的なエネルギー生成は、 細胞内のミトコンドリア(mitochondria)という小器官で行われ、取り出されたエネルギーは、ATP( […]

酸化ストレスの低減で認知症の予防効果を確認 岡山大学、岐阜大学

  「認知症に深く関わる酸化ストレス」 ~抗酸化サプリメントによる酸化ストレスの低減で認知症の予防効果を確認、岡山大学と岐阜大学が共同研究で発表~ そもそも酸化、酸化ストレスとはどのようなものなのでしょうか? 犬房 酸化とは簡単に言うと「錆びる」ことです。りんごを切って空気に触れさせると切り口が茶色く変化しますが、これは酸化で空気中の酸素によっていわゆる錆びている状態なのです。それは酸素 […]

糖化、抗糖化、対策は活性酸素・酸化ストレスを減らすこと

最近、抗糖化の言葉の認知度が50%をこえたそうです。 糖化とは 糖が酸化ストレスによりタンパク質と結合することで 老化の原因になるものです。 体の中で老化の影響を一番受けやすいのは脳なんです。 老化した脳細胞を新しい細胞に取り替えることができればいいのですが、脳細胞はほかの体の組織とは違って、取り替えることができません。 また、脳の活動性を維持するために脳の膜は柔らかくなくてはいけないので、常温で […]

ナトリウムポンプ、すべての細胞ではNa+/K+濃度の維持に、合成したATPの30%(ニューロンでは70%)を消費する

    Na+/K+-ATPアーゼ(英: Na+/K+-ATPase, NAKA)は、2種のサブユニットからなる細胞膜輸送系の膜貫通タンパク(EC 3.6.3.9)である。 この酵素は、細胞内でのATPの加水分解と共役して細胞内からナトリウムイオンを汲み出し、カリウムイオンを取り込むので ナトリウム-カリウムポンプ(Na+/K+ポンプ)または単にナトリウムポンプ(Na+ポンプ) […]

運動とカルシウム、カリウム、リン酸、乳酸の関係

  強度の高い運動ではATPやクレアチンリン酸の分解でリン酸が蓄積する。 このリン酸はカルシウムと結合しやすく、カルシウムがリン酸と結合してしまうと筋収縮に必須のカルシウムの働きが悪くなる。これが疲労の原因の一つと考えられている。 カルシウムは本来筋小胞体に貯められ、筋小胞体から出ることで筋肉は収縮し、筋小胞体に戻れば筋肉は弛緩する[8]。 Wikipediaより

Translate »