【戸隠の電子水】メーカー直送☆特別価格キャンペーン実施中☆クリック

静的ストレッチは6秒で筋力アップするが30秒では低下する

静的ストレッチは6秒で筋力アップするが30秒では低下する

短時間の静的ストレッチングが柔軟性および筋出力に及ぼす影響
谷澤 真, 飛永 敬志, 伊藤 俊一

 

目的】短時間の静的ストレッチングが柔軟性や筋機能にどのような影響をもたらすかについて,未だ一定の見解が得られておらず,最も効果的な伸張時間も確立されていない。そこで,静的ストレッチングにおける伸張時間の違いが柔軟性および筋出力に及ぼす影響について検討した。
【方法】
健常成人20名を対象とした。伸張時間を30秒間と6秒間の2条件に定め,柔軟性の評価としてSLRを測定し,筋出力の評価としてBIODEXを用いて等尺性膝屈伸筋力,等速性膝屈伸筋力を測定した。
【結果】
伸張時間が6秒間では関節可動域は拡大しないものの筋出力は向上し,
30秒間では関節可動域は拡大したものの筋出力は低下した。

【結論】静的ストレッチングは伸張時間の違いにより効果が異なり,目的・用途に合わせて伸張時間を選択する必要があることが示唆された。

出典:

https://www.jstage.jst.go.jp/article/ptcse/21/1/21_51/_article/-char/ja/

Translate »