【戸隠の電子水】メーカー直送☆特別価格キャンペーン実施中☆クリック

酸化ストレスとは、活性酸素による障害と、それを修復する作用とのバランスの崩れ

酸化ストレスとは、活性酸素による障害と、それを修復する作用とのバランスの崩れ

Wikipediaより

酸化ストレス(さんかストレス、英: Oxidative stress)とは活性酸素が産生され障害作用を発現する生体作用と、生体システムが直接活性酸素を解毒したり、生じた障害を修復する生体作用との間で均衡が崩れた状態のことである。生体組織の通常の酸化還元状態が乱されると、過酸化物やフリーラジカルが産生され、タンパク質、脂質そしてDNAが障害されることで、さまざまな細胞内器官が障害を受ける。

ヒトの場合、酸化ストレスは様々な疾患を引き起こす。たとえば、アテローム動脈硬化症、パーキンソン病、狭心症、心筋梗塞、アルツハイマー病、統合失調症、双極性障害、脆弱X症候群[1]、慢性疲労症候群などに酸化ストレスが関与している。

 

 

活性酸素とは

活性酸素(かっせいさんそ、英: Reactive Oxygen Species、ROS)は、大気中に含まれる酸素分子がより反応性の高い化合物に変化したものの総称である[1]。一般的にスーパーオキシドアニオンラジカル(通称スーパーオキシド)、ヒドロキシルラジカル、過酸化水素、一重項酸素の4種類とされる[1]。活性酸素は、酸素分子が不対電子を捕獲することによってスーパーオキシド、ヒドロキシルラジカル、過酸化水素、という順に生成する[2]。スーパーオキシドは酸素分子から生成される最初の還元体であり、他の活性酸素の前駆体であり、生体にとって重要な役割を持つ一酸化窒素と反応してその作用を消滅させる[3]。活性酸素の中でもヒドロキシルラジカルはきわめて反応性が高いラジカルであり、活性酸素による多くの生体損傷はヒドロキシルラジカルによるものとされている[4]。過酸化水素の反応性はそれほど高くなく、生体温度では安定しているが金属イオンや光により容易に分解してヒドロキシルラジカルを生成する[5]。

活性酸素は1 日に細胞あたり約10 億個発生し、これに対して生体の活性酸素消去能力(抗酸化機能)が働くものの活性酸素は細胞内のDNAを損傷し,平常の生活でもDNA 損傷の数は細胞あたり一日数万から数10 万個になるがこのDNA 損傷はすぐに修復される(DNA修復)[6]。

 

 

酸化ストレスは、精神ストレス、タバコ、過度の飲酒、過度の運動、過度の重労働などで蓄積されます。
酸化ストレスは、細胞の機能を低下させ、免疫力を下げるので万病のもとと言われています。

「戸隠の電子水」は、糖尿病の大家でもある恵仁会 藤木病院 理事長の藤木先生らとともに、酸化ストレスの軽減を臨床試験で立証し医学論文で発表したミネラルウォーターです。

「酸化ストレスの軽減に有効な手段のひとつとして新しいのが電子水です。実際の臨床現場で対象者の酸化ストレスを軽減させたデータを医学誌に発表しました」
医療法人財団恵仁会 藤木病院 理事長 藤木先生

 

価格チェック【酸化ストレスを軽減「戸隠の電子水」】楽天

Translate »