【戸隠の電子水】メーカー直送☆特別価格キャンペーン実施中☆クリック

酸化ストレスとメタボリックシンドロームの関連

酸化ストレスとメタボリックシンドロームの関連

虎ノ門病院で1985年から2005年の20年間のデータで酸化ストレスとメタボリックシンドロームの関連が示唆された。

酸化ストレスとは、体内の酸化還元のバランスが崩れて酸化作用が優位担った状態。

酸化ストレスには活性酸素種(ROS)が関与し、それらはミトコンドリアや呼吸系で産出する。

酸化ストレスは糖尿病、腎臓病、動脈硬化、非アルコール性脂肪性肝炎などに関与する。

特に膵臓(すいぞう)は酸化ストレスに対する抵抗性が弱くその結果、腎臓からのインスリン不足となり高血糖からの糖尿病とつながる。

肌に対しては活性酸素により酸化した細胞が新陳代謝の低下をおこし、コラーゲンの生成不良、肌のターンオーバー期間の乱れ、メラミンの蓄積などを起こす。

アルツハイマーについても糖の代謝や酸化ストレスが関与していることが指摘されている。

疲労の原因としては酸化ストレスが疲労因子のFFタンパク質を増加させる。

・根本的な解決方法

活性酸素に対して外部から電子を与えることが根本的な解決方法となる。

 

「戸隠の電子水」酸化ストレスに直接アプローチ

ご購入は↓こちら↓

Translate »