【戸隠の電子水】メーカー直送☆特別価格キャンペーン実施中☆クリック

活性酸素が炎症・アレルギー反応を活性化する

活性酸素が炎症・アレルギー反応を活性化する

以下https://www.jst.go.jp/pr/info/info172/index.htmlより

JST(理事長:沖村憲樹)の研究チームは、活性酸素が病原体感染によって起こる炎症やアレルギー反応を促進する作用を持つこと、その活性酸素の作用を受けるターゲットがASK1(Apoptosis signal-regulating kinase 1)*1という細胞内タンパク質リン酸化酵素であることを突き止めた。
細菌やウイルスなどに感染すると、それらを体内から迅速に排除するため自然免疫システム*2という生体内防御機構が活性化する。自然免疫システムがひとたび病原体の感染を感知すると免疫応答に必須な炎症性サイトカイン*3が産生され、生体内で炎症を引き起こす。一方で、なんらかの原因によりこれらの防御反応が異常に亢進すると、アレルギーや自己免疫疾患の原因にもなる。

 

研究の背景と経緯:

全ての生物は、細菌やウイルスなどの微生物の体内への感染・侵入に対して、自然免疫システムという生体内防御機構を活性化させ、それらを体内からすばや く排除する仕組みを備えている。

生物が死ぬとすぐに腐敗してしまうのは、微生物の侵入に負けてしまうからであり、自然免疫システムは生命にとって欠かせな い。

 

自然免疫システムがひとたび病原体の感染を感知すると、まず免疫応答に必須な炎症性サイトカインが産生され、生体内で炎症を引き起こし、さまざまな免 疫系に関わる細胞や細菌を殺すためのタンパク質を、感染が起こっている場所に動員して病原体を排除する。

 

一方で、これらの防御反応が異常に亢進すると、アレルギーや自己免疫疾患になる

 

 

体内での活性酸素の発生が多くなりすぎると、ASK1が過度に活性化され、炎症性サイトカインの産生が必要以上に増強されることも考えられる。

 

アトピー性皮膚炎やぜんそく、慢性関節リウマチといったアレルギー性疾患や自己免疫疾患は、自然免疫システムによる防御反応が異常に亢進した場合に引き起こされ、慢性的な炎症症状を伴う。

 

活性酸素を抑えるような薬剤やASK1を標的とした阻害薬は、これらの疾患での過剰なサイトカインの産生を抑制することで、効果的な治療が可能となるかもしれない。

 

 

酸化ストレスは、精神ストレス、タバコ、過度の飲酒、過度の運動、過度の重労働などで蓄積されます。
酸化ストレスは、細胞の機能を低下させ、免疫力を下げるので万病のもとと言われています。

「戸隠の電子水」は、糖尿病の大家でもある恵仁会 藤木病院 理事長の藤木先生らとともに、酸化ストレスの軽減を臨床試験で立証し医学論文で発表したミネラルウォーターです。

「酸化ストレスの軽減に有効な手段のひとつとして新しいのが電子水です。実際の臨床現場で対象者の酸化ストレスを軽減させたデータを医学誌に発表しました」
医療法人財団恵仁会 藤木病院 理事長 藤木先生

 

価格チェック【酸化ストレスを軽減「戸隠の電子水」】楽天

 

 

Translate »