【戸隠の電子水】メーカー直送☆特別価格キャンペーン実施中☆クリック

アルツハイマーの予防、治療薬の候補が発見された。

アルツハイマーの予防、治療薬の候補が発見された。

(NCNP)は6月27日、アルツハイマー型認知症の発病の要となるアミロイドベータタンパク質(Aβ)オリゴマーの神経毒性の低減を介して、病態を改善する効果を持つ植物由来の新しい治療・予防薬候補物質を発見することに成功したと発表した。この研究は、NCNP神経研究所の荒木亘客員研究員(前疾病研究第6部室長)らの研究グループが、、東京都医学総合研究所と共同で行ったもの。研究成果は、国際科学雑誌「Journal of Alzheimer’s Disease」オンライン版に6月22日付で掲載された。

(中略)

(アルツハイマー病)は、認知症疾患のうち患者数が最も多いが、まだその治療は対症的なものに留まっている。

(中略)

チロソールがオリゴマーの神経毒性を低下させるメカニズムはまだ明らかではないが、オリゴマーが酸化ストレスを誘起することが毒性に関与しており、チロソールが抗酸化能を有することが毒性の緩和に働いている可能性がある。

 

要するに、チロソールに抗酸化力があり、酸化ストレスを低減でき、

その結果、アルツハイマーの予防や治療に使える可能性があるということですね。

薬の開発にはこれから時間とお金がかかりますが

すでに

「戸隠の電子水」も酸化ストレスを低減する能力があることは論文に書かれています。

Translate »