【戸隠の電子水】メーカー直送☆特別価格キャンペーン実施中☆クリック

学会・論文

1/2ページ

アルツハイマーの予防、治療薬の候補が発見された。

  • 2019.07.03

国立精神・神経医療研究センター(NCNP)は6月27日、アルツハイマー型認知症の発病の要となるアミロイドベータタンパク質(Aβ)オリゴマーの神経毒性の低減を介して、病態を改善する効果を持つ植物由来の新しい治療・予防薬候補物質を発見することに成功したと発表した。この研究は、NCNP神経研究所の荒木亘客員研究員(前疾病研究第6部室長)らの研究グループが、株式会社常磐植物化学研究所、筑波大学、東京理科大 […]

クリエイティブな人は遠い将来を想像する力が優れている

  • 2019.06.26

  ダートマス大学の研究によると、クリエイティブな人は、一般人とは異なる脳の使い方をしているとのことです。   被験者に選ばれたのは、27人のクリエイティブな仕事のプロと、対照群として26人の一般人です。被験者はそれぞれfMRIで脳のスキャンを受けながら、「未来のことを想像する」というタスクを続けてもらいました。実験の結果、近い未来を想像しているときはプロと対照群の間に脳の活動 […]

昼寝をすることで学習の効果が高まるとの論文

  • 2019.06.21

  子供達の昼寝と学習の成績との関係が論文として発表されました。 昼寝をすることで成績があがると報告されています。 また成績以外にも幸福度が高まり、問題行動が減る、自制心が高まるなどの効果があるとのことです。 https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31135911より Midday napping in children: Associations be […]

大豆たん白質~ホエイたん白質、比率は、1:1がベスト 筋力アップ

  • 2019.06.13

坐骨神経切除による筋萎縮に対する大豆たん白質とホエイたん白質の相加効果 二川 健*1・橋本理恵1・中尾玲子1, 2・内田貴之1・二宮みゆき1・木森有希1・真板綾子1・ 鉄野文香1・井田くるみ1・岸本ひかる1・高木麻里奈1・楊河宏章3・西良浩一4 1徳島大学・大学院医歯薬学研究部・生体栄養学分野 2産業総合研究所 3徳島大学臨床試験管理センター 4徳島大学・大学院医歯薬学研究部・運動機能外科学分野 […]

~糖質~ヒトの脳は、本能的に脂質と糖質の組み合わせを好む?

  • 2019.05.28

    http://www.dm-net.co.jp/healthdayjapan/2018/06/028181.php より ヒトの脳は、本能的に脂質と糖質の組み合わせを好むようにできている可能性のあることが、米イェール大学精神科のDana Small氏らによる研究で示唆された。この研究では、脂質と糖質のいずれかを多く含む食品よりも、ファストフードや加工食品などの両方を含ん […]

カレーが炎症を抑えるのにいいという研究

  • 2019.02.08

以下、https://www.jiji.com/jc/article?k=000000022.000036263&g=prt9 より カレー粉およびカレー粉に含まれる複数のスパイスに、PM2.5による炎症反応を抑える効果を確認 カレーにはスパイス由来の抗酸化物質や抗炎症物質が多く含まれており、高い抗酸化・抗炎症作用が期待できるメニューの一つであることから、ハウス食品は 「カレーを食べれば酸 […]

乾燥しても死なない細胞はなぜ死なずに生き返ることができるのか?

  • 2018.12.28

2018年12月19日 慶應義塾大学 理化学研究所 山陽小野田市立山口東京理科大学 農業・食品産業技術総合研究機構 乾燥しても死なない細胞はなぜ死なずに生き返ることができるのか? -Pv11細胞の乾燥耐性および再水和復活メカニズムの示唆- 慶應義塾大学理工学部生命情報学科の山田貴大助教と舟橋啓准教授、カザン大学のRuslan Deviatiiarov博士、Alexander Nesmelov博士、 […]

生体の血液の酸塩基平衡は一定のpH (7.4) になるように保たれている。

生体の血液の酸塩基平衡は一定のpH (7.4) になるように保たれている。 平衡を酸性側にしようとする状態をアシドーシス (en:acidosis)、平衡を塩基性側にしようとする状態をアルカローシス (en:alkalosis) と言う。 血清pHが7.4未満になった(低下した)状態をアシデミア、7.4より上になった(上昇した)状態をアルカレミアと言う。 ともに全身の細胞にとっての環境の異常であり […]

細胞に共通する酸化要因に関する水素イオンの移動

1. 代謝によるCO2または乳酸による水素イオン(H+)の産出 2. 細胞内のカルシウムイオン,Ca2+,の濃度上昇によるミトコンドリアからの水素イオン、H+の放出 3. リガンドレセプターチャネルを介した水素イオンの細胞への流入または、HCO3-(炭酸水素イオンまたは重炭酸イオン)の流出 1と2については、すべての細胞に共通する酸化要因である。 資料 細胞内水素イオン濃度測、高橋恭一 ,1996 […]

ナトリウムポンプ、すべての細胞ではNa+/K+濃度の維持に、合成したATPの30%(ニューロンでは70%)を消費する

  • 2018.11.09

  Na+/K+-ATPアーゼ(英: Na+/K+-ATPase, NAKA)は、2種のサブユニットからなる細胞膜輸送系の膜貫通タンパク(EC 3.6.3.9)である。 この酵素は、細胞内でのATPの加水分解と共役して細胞内からナトリウムイオンを汲み出し、カリウムイオンを取り込むので ナトリウム-カリウムポンプ(Na+/K+ポンプ)または単にナトリウムポンプ(Na+ポンプ)とも呼ばれ、ヒ […]

運動とカルシウム、カリウム、リン酸、乳酸の関係

  • 2018.11.09

強度の高い運動ではATPやクレアチンリン酸の分解でリン酸が蓄積する。 このリン酸はカルシウムと結合しやすく、カルシウムがリン酸と結合してしまうと筋収縮に必須のカルシウムの働きが悪くなる。これが疲労の原因の一つと考えられている。 カルシウムは本来筋小胞体に貯められ、筋小胞体から出ることで筋肉は収縮し、筋小胞体に戻れば筋肉は弛緩する[8]。 Wikipediaより

静的ストレッチはジャンプ能力を低下させる

  • 2018.11.09

静的ストレッチングがジャンプ能力に及ぼす効果 ―生理学面ならびに機能面からの検討― 濱田 桂佑, 佐々木 誠 〔目的〕本研究の目的は,静的ストレッチングがジャンプ能力に及ぼす効果について,生理学面ならびに機能面の2つの側面から検討することである。〔対象〕対象は,健常学生20名であった。 〔方法〕静的ストレッチング前後で,生理学面として伸張反射の潜時,機能面として等運動性筋力(60 deg/secと […]

静的ストレッチは6秒で筋力アップするが30秒では低下する

  • 2018.11.09

短時間の静的ストレッチングが柔軟性および筋出力に及ぼす影響 谷澤 真, 飛永 敬志, 伊藤 俊一   目的】短時間の静的ストレッチングが柔軟性や筋機能にどのような影響をもたらすかについて,未だ一定の見解が得られておらず,最も効果的な伸張時間も確立されていない。そこで,静的ストレッチングにおける伸張時間の違いが柔軟性および筋出力に及ぼす影響について検討した。 【方法】 健常成人20名を対象 […]

スポーツ活動の10分前に動的ストレッチを行うのが有効

  • 2018.11.09

静的および動的ストレッチング後に生じる 足関節可動域と筋力の経時的変化 土井 眞里亜, 浦辺 幸夫, 山中 悠紀, 野村 真嗣, 神谷 奈津美 〔目的〕本研究の目的は,静的ストレッチング(static stretching;SS)と動的ストレッチング(dynamic stretching;DS)後の関節可動域や筋出力に関して経時的変化を比較し,よりスポーツ活動前に適したストレッチング方法を明らかに […]

Translate »