【戸隠の電子水】メーカー直送☆特別価格キャンペーン実施中☆クリック

長時間の「有酸素運動」は老化の原因

長時間の「有酸素運動」は老化の原因

有酸素トレーニングは、コルチゾール(ストレスホルモン)値を上昇させ、炎症が起こり、加齢が加速する。
コルチゾール値が高まると、体内の酸化物質の量が増加する。
この酸化物質が、脳、心臓、消化管、その他の器官の炎症を増大させる。

 

2010年の研究では、300人以上の持久性運動の選手(長距離走者、トライアスロン選手、自転車競技者)のコルチゾール値を調べ、非アスリート対照群と比較した。

その結果として、有酸素運動競技者のコルチゾール値は対照群よりもかなり高く、この値の高さとトレーニング量の多さに明確な相関関係が認められた。

出典

Hayriye Çakir-Atabek, Süleyman Demir, Raziye D. Pinarbaşili, and Nihat Gündüz, “Effects of Different Resistance Training Intensity on Indices of Oxidative Stress,” Journal of Strength and Conditioning Research 24, no. 9 (September 2010): 2491–97; https://insights.ovid.com/pubmed?pmid=
20802287.

 

マラソンや持久力が必要なあらゆるスポーツに

酸化ストレスを改善する「戸隠の電子水」

酸化ストレスを軽減「戸隠の電子水」

 

  

Translate »