【戸隠の電子水】メーカー直送☆特別価格キャンペーン実施中☆クリック

目の病気の多くはメタボリックシンドロームが原因

目の病気の多くはメタボリックシンドロームが原因

 

 

https://gentosha-go.com/articles/-/26896より

身体中に血液が巡り、それぞれの臓器・組織の機能が発揮され健康が保たれていることはご存じの通りです。全身に張り巡らされた血管網に問題が出ると、さまざまな故障を引きおこします。

目の場合、糖尿病から糖尿病黄斑浮腫を引きおこします。静脈が詰まる網膜静脈閉塞症も黄斑浮腫を引きおこす代表的な病気ですが、高血圧が危険因子です。

網膜の血管の病気は、多くが生活習慣病、メタボリックシンドロームからおきていることがわかります。

・一番注意いただきたいのは「喫煙」です。さまざまな研究により、加齢黄斑変性を引きおこす危険因子であることが明らかにされてきました。

・たばこを吸う人だけでなく、周りにいて副流煙を吸ってしまう人にも、同じことがおこります。喫煙により血管が収縮するとその間、全身に新鮮な酸素と栄養素を届ける作業が停滞します。それが何度も繰り返されるわけですから、末梢のか細い血管、つまり網膜の下に張り巡らされた細い毛細血管には血流が十分に行き届かなくなってしまうのです。

・また、糖分・塩分・脂肪分の多い食事への偏りには注意が必要です。

健康を保つためには「ストレスを貯め込まない」こと!

中心性漿液性脈絡網膜症の患者さんからは、「最近、とくに仕事が忙しかった」「人間関係のトラブルに悩んでいた」「忙しくて睡眠時間を削っていた」といった、ストレスの高い状況が聞けるケースが多いです。

 

「心理的なことが直接、目の奥の病気の原因になるの⁉」と驚かれるかもしれません。けれど黄斑というのは、それくらいセンシティヴな箇所なのです。適度なストレスは生き生きとした人生に大切ですが、過剰なストレスは自律神経のバランスを崩します。

・適度な運動がよい

適度な運動を習慣にすることは、黄斑(だけではありませんが)の健康維持に欠かせません。運動といってもいろいろありますが、是非取り入れていただきたいのは「有酸素運動」です。

 

有酸素運動とは、軽~中程度の負荷を継続的にかける運動のことで、ウォーキングやジョギング、水泳などのことです(ちなみにグッと息を止めて瞬発的に力を入れる短距離走や筋トレなどは「無酸素運動」といいます)。有酸素運動では、脂肪を燃やすことで筋肉を動かします。

 

血液中の脂肪(中性脂肪)が減れば、血管の内側にこびりついたギトギトがなくなっていき、血液がスムーズに流れるようになります。そうすれば、からだの隅々まで張り巡らされた毛細血管のすべてに(もちろん黄斑にも)新鮮な酸素と栄養が行き渡り、細胞が活性化します。

酸化ストレスを低減、戸隠の電子水、臨床試験で立証済み

  

 

Translate »