【戸隠の電子水】メーカー直送☆特別価格キャンペーン実施中☆クリック

関節リウマチ患者の関節滑膜細胞は酸化ストレスの負荷が示唆された

関節リウマチ患者の関節滑膜細胞は酸化ストレスの負荷が示唆された

以下

日本内科学会雑誌
Online ISSN : 1883-2083
Print ISSN : 0021-5384
ISSN-L : 0021-5384

2003 年 92 巻 6 号 p. 1096-1103

 

酸化ストレスと自己免疫疾患
https://www.jstage.jst.go.jp/article/naika1913/92/6/92_6_1096/_article/-char/ja/
より

 

抄録

ヒト自己免疫疾患は多因子疾患であり,その発症には遺伝素因と環境因子が複雑に係わっている.過剰な酸化ストレスは,炎症の増強やアポトーシス誘導による組織障害,トレランスの破綻による自己免疫応答の惹起などにより,自己免疫の病態形成に深く関与している.
関節リウマチ患者の血中チオレドキシン(TRX)レベルは健常人に比し有意に高く,その関節液中には末梢血の数倍のTRXが含まれていた.患者関節滑膜細胞は抗TRX抗体で強く染色され,酸化ストレスの負荷が示唆された.また我々は,酸化ストレスがSS-A抗原のケラチノサイト細胞表面への発現を誘導する事を証明した.さらにシェーグレン症候群の疾患感受性遺伝子として,酸化ストレスに関連するグルタチオンS-トランスフェラーゼ遺伝子欠損を同定した.酸化ストレスの研究が,自己免疫疾患の病因解明とともに,発症や再燃の予防,新しい治療法開発へと結びつくことを願っている.

 

 

チオレドキシン Wikipediaより抜粋

チオレドキシン(thioredoxin)は、全ての生物に存在する低分子量酸化還元タンパク質である。様々な生命反応において重要な役割を担っている。

チオレドキシンはヒトにおいて中枢的な役割を果たしており、特に活性酸素種(ROS)との反応に関連して医薬分野との結びつきが強くなりつつある。前述の通りチオレドキシンは既知の全ての生物に見られるが、中でも哺乳類では不可欠である[6][7]

植物においても、チオレドキシンは光合成から成長、花成、そして種子の形成と発芽に至るまで、多彩で重要な機能を司っている。

チオレドキシンは、他のタンパク質のシステイン残基が形成するジスルフィド結合還元・切断を促進することで、抗酸化物質として機能する。

 

酸化ストレスは、精神ストレス、タバコ、過度の飲酒、過度の運動、過度の重労働などで蓄積されます。
酸化ストレスは、細胞の機能を低下させ、免疫力を下げるので万病のもとと言われています。

「戸隠の電子水」は、糖尿病の大家でもある恵仁会 藤木病院 理事長の藤木先生らとともに、酸化ストレスの軽減を臨床試験で立証し医学論文で発表したミネラルウォーターです。

「酸化ストレスの軽減に有効な手段のひとつとして新しいのが電子水です。実際の臨床現場で対象者の酸化ストレスを軽減させたデータを医学誌に発表しました」
医療法人財団恵仁会 藤木病院 理事長 藤木先生

 

 

Translate »