【戸隠の電子水】メーカー直送☆特別価格キャンペーン実施中☆クリック

【論文】過剰な酸化ストレスは,炎症の増強や自己免疫の病態形成に深く関与している

【論文】過剰な酸化ストレスは,炎症の増強や自己免疫の病態形成に深く関与している

 

日本内科学会雑誌

酸化ストレスと自己免疫疾患
https://www.jstage.jst.go.jp/article/naika1913/92/6/92_6_1096/_article/-char/ja/
より

ヒト自己免疫疾患は多因子疾患であり,その発症には遺伝素因と環境因子が複雑に係わっている.

過剰な酸化ストレスは,炎症の増強やアポトーシス誘導による組織障害,トレランスの破綻による自己免疫応答の惹起などにより,

自己免疫の病態形成に深く関与している.

 

 

自己免疫疾患

自己免疫疾患とは免疫系が正常に機能しなくなり、体が自分の組織を攻撃してしまう病気です。

 

免疫系は何らかの物質を異物または危険な物質であると認識すると、その物質から体を守ろうとします( 認識)。このような物質には、蠕虫などの寄生虫、特定のがん細胞がありますが、このほかに移植された臓器や組織を異物と認識してしまうこともあります。これらの物質には、免疫系が認識し、免疫系による反応を刺激する分子が含まれています。これらの分子を抗原と呼んでいます。抗原は細胞内にあったり、細胞(細菌やがん細胞など)の表面にあったり、ウイルスの一部であったりします。花粉や食物の分子などは、それ自体が抗原となります。

それぞれの人の組織内細胞にも抗原が含まれています。しかし、通常であれば免疫系は異物や危険な物質に対してだけ反応し、自己の組織の抗原には反応しません。ただし、ときに免疫系が正常に機能しなくなり、自己の組織を異物と認識して自己抗体と呼ばれる抗体や免疫細胞を産生し、これらが特定の細胞や組織を標的にして攻撃します。この反応を自己免疫反応と呼び、炎症と組織の損傷を引き起こします。こうした反応は自己免疫疾患の症状である場合がありますが、多くの人では作られる自己抗体の量がごく少量であるため、自己免疫疾患は起こりません。

自己免疫疾患には様々なものがあります。特に多くみられる自己免疫疾患には、バセドウ病関節リウマチ橋本甲状腺炎1型糖尿病全身性エリテマトーデス血管炎などがあります。自己免疫性と考えられているその他の疾患には、アジソン病多発性筋炎シェーグレン症候群、進行性の全身性強皮症、多くの糸球体腎炎(腎臓の炎症)、一部の不妊症などがあります。


 

酸化ストレスは、精神ストレス、タバコ、過度の飲酒、過度の運動、過度の重労働などで蓄積されます。
酸化ストレスは、細胞の機能を低下させ、免疫力を下げるので万病のもとと言われています。

「戸隠の電子水」は、糖尿病の大家でもある恵仁会 藤木病院 理事長の藤木先生らとともに、酸化ストレスの軽減を臨床試験で立証し医学論文で発表したミネラルウォーターです。

「酸化ストレスの軽減に有効な手段のひとつとして新しいのが電子水です。実際の臨床現場で対象者の酸化ストレスを軽減させたデータを医学誌に発表しました」
医療法人財団恵仁会 藤木病院 理事長 藤木先生

 

戸隠の電子水☆キャンペーン

Translate »