DHLがMiaSole社ソーラー発電モジュールを採用

DHLがMiaSole社ソーラー発電モジュールを採用

2018年11月9日 0 投稿者: レイラボ株式会社

物流大手DHLは、自社の流通ネットワークにソーラー発電システムを採用していくことを発表しました。

MiaSole社のソーラーシステムが全面的に採用されています。

 

TRAiLARと呼ばれるこのシステムは、車両の屋根に取り付けられ、一次電池または補助電池システムに接続された「ソーラーマット」と呼ばれる柔軟な薄膜太陽電池パネル (厚さわずか2mm)で構成されています。 (MiaSole社のフレキシブルソーラーパネルが採用されています)

生成されたエネルギーは、テールリフトや空調などのさまざまな用途に使用され、燃料消費量を削減しています。

同社によると、独立した試験では、TRAiLARでは

毎年5.2%の燃料節約が示されました。

メンテナンスコストも削減します。

試験は既に15台の剛性の車両、6台のセミトレーラー、8台の自転車、ストリートクーラーと1台のコンセプトセミトレーラーで実施されています。

DHLのPhil Roe氏
「最終的には、英国の道路では車両の数が少なく、よりクリーンで静かなものになります。 これは顧客が輸送コストを削減するのを助けながら達成することができます。
私たちは、環境、公共、そして顧客の利益のために、すべてのサプライチェーンに展開できる新しい持続可能な輸送ソリューションを開発することにコミットしています。」

TRAiLARは、DHLの自社および顧客の全体で展開されており、来年から第三者に提供する予定です。

昨年、DHLは2050年までに物流に関連するすべての排出をゼロにすることを発表しました。これは化石燃料に頼っている企業にとっては非常に難しい課題です。

出典: DHL

つづき