Home
会社概要
コンセプト
取扱商品
取り扱い商品
イベント
イベント(RAYLABO)
資料・ダウンロード

資料ライブラリー

取り扱い

サプライヤー・パートナー

トリエスガイド

シリコンテクノロジー

徳寿工業

サイト関連
個人情報保護方針
LINK
展示会・イベント

東京ビッグサイト

幕張メッセ

福岡マリンメッセ

薬草
薬草園、全国
薬草風呂、全国
薬草風呂があるホテル
ハーブガーデン・旅行記
ハーブ園・関連ホテル
メタボ、糖尿関連
日本肥満症予防協会
オリザネーション健康協会
ガンの特効薬はミトコンドリア賦活剤
 
 
 

since 2018/01

アクセスカウンター 

 

 

 

健康でみんなを笑顔に・レイラボ株式会社

2018年1月 Topics

冬場の水分補給

水分がエネルギーと栄養を運びます。水不足が不調のスタートになります。

冬場は周囲が乾燥するので水分を奪われやすいのです。

暖かい飲み物をたくさん摂りましょう。

体と周囲を暖かく保ちましょぅ。

特に喉は冷やさないようにしましょう。喉を暖かくすることで喉でのウイルスの増殖を防ぎましょう。

「酸化ストレス」に作用する電子水

たった一日のマインドフルネスでRIPK2が減少する

 

マインドフルネス瞑想の短いプログラムが、 脳や免疫機能に対する実証的な効果。これらの知見は、瞑想によって脳および免疫機能が変化する可能性があることを示唆している
Alterations in Brain and Immune Function Produced by Mindfulness Meditation

Richard Davidson

 

RIPK2、Receptor-interacting serine/threonine-protein kinase 2

Receptor-interacting serine/threonine-protein kinase 2 is an enzyme that in humans is encoded by the RIPK2 gene.[5][6][7]

This gene encodes a member of the receptor-interacting protein (RIP) family of serine/threonine protein kinases.

The encoded protein contains a C-terminal caspase recruitment domain (CARD), and is a component of signaling complexes in both the innate and adaptive immune pathways.

It is a potent activator of NF-κB and inducer of apoptosis in response to various stimuli.

受容体と相互作用するセリン/スレオニン - タンパク質キナーゼ2は、ヒトにおいてRIPK2 遺伝子によってコードされる酵素である 。 [5] [6] [7]

この遺伝子は、セリン/スレオニンプロテインキナーゼの受容体相互作用タンパク質(RIP)ファミリーのメンバーをコードする。

コードされたタンパク質は、C末端カスパーゼ補充ドメイン (CARD)を含み、自然免疫経路および適応免疫経路の両方におけるシグナル伝達複合体の成分である。

NF-κBの強力な活性化因子であり、様々な刺激に応答してアポトーシスを誘導する。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/gene?Db=gene&Cmd=ShowDetailView&TermToSearch=8767

・・

アポトーシス、アポプトーシス (apoptosis) とは、多細胞生物の体を構成する細胞の死に方の一種で、個体をより良い状態に保つために積極的に引き起こされる、管理・調節された細胞の自殺すなわちプログラムされた細胞死(狭義にはその中の、カスパーゼに依存する型)のこと。ネクローシス(necrosis)の対義語として使われる事が多い。 Apoptosis の語源はギリシャ語の“απόπτωσις”, apoptosis アポプトーシス:「apo-(離れて)」と「ptosis(下降)」に由来し、「(枯れ葉などが木から)落ちる」という意味である。

 

Wikipediaより

NF-κB

NF-κB ( 活性化B細胞の核因子κ-軽鎖エンハンサー )は、 DNAの 転写 、サイトカイン産生および細胞生存を制御するタンパク質複合体である。

NF-κBは、ほとんどすべての動物細胞タイプに存在し、ストレス、 サイトカイン 、 フリーラジカル 、 重金属 、 紫外線照射 、酸化LDL 、および細菌またはウイルス抗原などの刺激に対する細胞応答に関与する 。 [1] [2] [3] [4] [5]

NF-κBは、感染に対する免疫応答の調節において重要な役割を果たす。

NF-κBの不適切な調節は、癌、炎症性および自己免疫性疾患 、 敗血症性ショック 、ウイルス感染および不適切な免疫発達に関連している。

NF-κBはまた、 シナプス可塑性および記憶のプロセスに関与している。

・・

NF-κBが炎症性腸疾患、関節炎、敗血症、胃炎、喘息、アテローム性動脈硬化症などの多くの炎症性疾患において慢性的に活性であることが見出されている。

NF-κBは炎症に関与する多くの遺伝子を制御する。

・・

NF-κBは、「即効性」一次転写因子、すなわち、不活性状態の細胞に存在し、活性化するために新たなタンパク質合成を必要としない転写因子のカテゴリーに属するため、細胞応答の調節において重要である(このファミリーの他のメンバーには、 c-Jun 、 STAT 、および核ホルモン受容体などの転写因子が含まれる)。 これは、NF-κBが有害な細胞刺激に対する最初の応答者であることを可能にする。 NF-κB活性の既知の誘導因子は非常に可変であり、活性酸素種( ROS )、腫瘍壊死因子α( TNFα )、インターロイキン1-β( IL-1β )、細菌リポ多糖類( LPS )、 イソプロテレノール 、 コカインおよび電離放射線 。 [21]

・・

NF-κBの欠損はアポトーシスに対する感受性を増加させ、細胞死を増加させる。 これは、NF-κBが抗アポトーシス遺伝子、特にTRAF1およびTRAF2を制御し 、したがって、ほとんどのアポトーシスプロセスの中心である酵素のカスパーゼファミリーの活性を無効にするためである。

・・

いくつかの腫瘍細胞は、NF-κBを活性化させる因子を分泌する。

・・

NF-κBをブロックすることにより、腫瘍細胞が増殖を停止し、死亡したり、抗腫瘍剤の作用に対してより敏感になる可能性がある。

・・

YopPは、IκBのユビキチン化を妨げるペストの原因物質であるエルシニア・ペスティス( Yersinia pestis)によって分泌される因子である。 これにより、この病原体はNF-κB経路を効果的に阻害し、Yersiniaに感染したヒトの免疫応答を阻止する。 [36]

・・

NF-κBの異常な活性化は、多くの癌においてしばしば観察される。

NF-κBの抑制は癌細胞の増殖を制限する。

さらに、NF-κBは、炎症反応の鍵となるプレーヤーである。

したがって、NF-κBシグナル伝達を阻害する方法は、癌および炎症性疾患において潜在的な治療的適用を有する。

・・

抗癌および抗炎症活性を有するように促進されている多くの天然産物(抗酸化物質を含む)も、NF-κBを阻害することが示されている。 治療目的のためにNF-κBを遮断することができる薬剤の発見および使用に適用される

Sethi G、Sung B、Aggarwal BB(2008年1月)。 「核因子-κB活性化:ベンチからベッドサイドへ」。 実験的生物学と医学 。 233 (1):21-31。 doi10.3181 / 0707-MR-196PMID 18156302

・・

多数のハーブおよび食物植物からの抽出物は、in vitroでのNF-κB活性化の有効な阻害剤である。

Paur I、Balstad TR、Kolberg M、Pedersen MK、Austenaa LM、Jacobs DR、Blomhoff R(2010年5月)。 「オレガノ、コーヒー、タイム、クローブ、およびクルミの抽出物は、単球およびトランスジェニックレポーターマウスにおけるNF-κBを阻害する」。 がん予防研究 3 (5):653-63。 doi10.1158 / 1940-6207.CAPR-09-0089PMID 20424131

・・

Wikipediaよりhttp://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=en&tl=ja&u=https%3A%2F%2Fen.wikipedia.org%2Fwiki%2FRIPK2

マインドフルネスで海馬が増大、扁桃体が収縮、遺伝子が変化する

 

マインドフルネス(英: mindfulness)は、今現在において起こっている内面的な経験および外的な経験に注意を向ける心理的な過程である。瞑

想およびその他の訓練を通じて開発することができる[2][4][5] 。

マインドフルネスの語義として、今この瞬間の自分の体験に注意を向けて、現実をあるがままに受け入れることである[6][7]とか、特別な形で、意図的に、評価や判断とは無縁に、注意を払うことである[8]といった説明がなされることもある。

マインドフルネス(mindfulness)という用語は、パーリ語のサティ(sati)の翻訳であり[9] 、サティはいくつかの仏教の伝統における重要な要素である。近年の西洋におけるマインドフルネスの流行は、概してジョン・カバット・ジンによって起こされてきたと考えられている

Wikipediaより

 

マインドフルネスによるストレスの軽減 MBSR = Mindfullness based stress reduction

 

文献

https://scholar.google.co.jp/scholar?hl=ja&as_sdt=0%2C5&q=MBSR&btnG=

 

海馬が5%増大するということは、記憶力の改善、精神ストレスの改善につながる。

また扁桃体が縮小すことは精神安定、リラックスにつながる。

 

海馬(かいば、英: hippocampus)

大脳辺縁系の一部である、海馬体の一部。特徴的な層構造を持ち、脳の記憶や空間学習能力に関わる脳の器官。

その他、虚血に対して非常に脆弱であることや、アルツハイマー病における最初の病変部位としても知られており、最も研究の進んだ脳部位である。

心理的ストレスを長期間受け続けるとコルチゾールの分泌により、海馬の神経細胞が破壊され、海馬が萎縮する。

心的外傷後ストレス障害(PTSD)・うつ病の患者にはその萎縮が確認される。β

エンドルフィン(=脳内ホルモンの一つ)が分泌されたり、A10神経が活性化すると、海馬における長期記憶が増強する。

 

 

扁桃体

扁桃体(へんとうたい、英: Amygdala)は、ヒトを含む高等脊椎動物の側頭葉内側の奥に存在する[1]、アーモンド形の神経細胞の集まり。情動反応の処理と記憶において主要な役割を持つことが示されており、大脳辺縁系の一部であると考えられている[2]。 扁桃核(へんとうかく)とも言う。

うつ病の患者は全ての顔の表情に過剰な左扁桃体の活動を示す。

扁桃体が過剰反応すると感情の制御が困難になりやすい。

 

 

 

内観

心理学研究の方法としての内観

心理学研究のために、自分自身の精神状態やそこにおける動向を内面的に観察する方法。実験心理学の祖ヴィルヘルム・ヴントが考え出した。内観を行うには訓練を受ける必要があった。

その後、近代心理学は次第に主観性の強い内観的方法から離れ、客観性の高い行動に注目するようになっていった。

白隠禅師の内観法

江戸時代の禅僧・白隠慧鶴の著書『夜船閑話』(やせんかんな)に紹介されている心身のリラックス法。白隠は修行時代に心身のバランスを崩して禅病(ノイローゼ状態)に陥ったが、京都白川の山奥に住む。「白幽子」という仙人に伝授された「軟酥(なんそ)の法」により、健康を回復したという。これは、頭の上に鴨の卵ほどの軟酥(クリームのようなもの)の塊があるとイメージし、それが次第に融けて流れ出し、自分の体の調子の悪い部分を浸し、症状を洗い流してしまうと観想する方法である。

『夜船閑話』には、軟酥の法以外に「内観の法」も記されている。という。その内容は、仰臥して、丹田から両足にかけての範囲に意識を置くための4つの公案を静かに唱えるというものである。自律訓練法に似ているとされており、気功でいう丹田呼吸法に相当するとも考えられる[1]。

 

吉本伊信の内観法(内観療法)
詳細は「吉本伊信」を参照

昭和期の実業家・僧侶、吉本伊信が浄土真宗系の信仰集団・諦観庵に伝わっていた自己反省法・「身調べ」から秘密色、苦行色、宗教色を除き、万人向けのものとした修養法。内観法、吉本内観法、あるいは医療に応用されて内観療法ともいわれる。

現在、中国にも内観学会が設立され、その他韓国やヨーロッパ等で、森田療法と並ぶ日本製の心理療法として国際的に認められるようになったほか、刑務所や少年院などの矯正教育や、一般の学校教育、企業研修などにも応用されるようになった。

母親をはじめ、身近な人に対する自分を、1週間研修所にこもって3つの観点から反省する。自分を客観視することができるようになり、しばしば劇的な人生観の転換を起こす。欧米で Naikan といえば吉本の内観法をさすことが多い。

そのほかの用法

明治期の浄土真宗の思想家・清沢満之が「内観」という用語を用いたので、真宗教界では一般にこの語が用いられていたようである。吉本伊信が改革された「身調べ」に「内観」と名づけた背景に、このことがあったと思われる。もっとも浄土真宗だけでなく、たとえば内村鑑三のようなキリスト教信者も「内観」という言葉を用いており、単純に自分の心を深く見つめるという意味で広く用いられていたようである。

また、上座部仏教によって現代化されたかたちで全世界にひろまったヴィパッサナー瞑想も内観の一種であり、実際に中国語では「内観」と訳されている。

Wikipediaより

 

RAYLABO (C) 2017 All Right Reserved

レイラボ株式会社☆永遠に進化中☆